美容学生は就職するな!国家試験に合格しても美容師はダメな理由3選!

Aki
皆さんこんにちは。元美容師のAkiです(^^)/

 

 

今回は元美容師でそもそも元美容学生だったあきが

2年間真面目に美容専門学校に通った結果、

「美容学生は美容師に就職してはいけない」ことが

わかりましたのでその理由を3つ紹介していこうと思います。

 

 

 

あなたが読み終えた頃には美容師に対する憧れや情熱は

少し変わってしまうかもしれませんが

あくまでも美容師は素敵な職業の一つです。

 

 

 

僕は美容師の業務形態と職場に嫌な先輩がいた巡り合わせが

合わなかったので美容師を退職しました。

ぜひこの記事も参考程度にみていただけると幸いです^^

 

 

ねこ丸
きっと美容学生の方や美容師の方も見てくれているはずだから偏見のないようにするのニャ!
Bさん
あくまでもあきさんが美容学生と美容師を経験した上で感じたことと捉えればいいんですね

美容学生が美容室に就職してはいけない理由①

それではまず1つ目の理由をご紹介いたします。

 

 

NG理由①

学生気分でのまま美容師として働くとマジで地獄

 

 

”美容学生”と一言でいってもやはり所詮は学生身分です。

授業の楽な日があって、土日は基本的に休み

放課後はアルバイトをしたり

友人と遊びに出かけたりします。

 

 

授業も友達と一緒に楽しみながらできるので

専門学校生活は普通に楽しかったです。

何より責任もなくミスをしても怒られることはないので

ただただ【美容って楽しい!】と思うだけです。

「美容専門学生 素材」の画像検索結果

 

 

しかし美容師になった途端それらの生活は全て【不可能】に変わります。

遊びに行くのも出来ない。

少ない休みを増やすのも出来ない。

仕事終わりにどこか遊びになんて出掛けられません。

毎日の生活が辛くて厳しくて、キツイです

 

 

 

つい1ヶ月前まで当たり前に出来ていたことが

美容室に入った途端、何も出来なくなります。

それどころか毎日が練習、練習、練習、練習の日々です。

しかも慣れない電話対応や接客、先輩のサポートで

体も心もいっぱいいっぱいになってしまいます。

 

 

 

最初の1ヶ月は美容学生時代の同級生たちがことごとく退職した話を聞きます。

それでさらに「辞めたい願望」も強まってしまうので

尚更、最初から美容師には就職しない方がいいのです。

 

 

 

あまりにも学生時代との過ごし方が違いすぎるので

それらのギャップにあてられてしまうと「あ…仕事辞めたいかも」と

考えるようになります(笑)

その後に美容師を辞めた後の生活を妄想すると

もう美容師として働くことに疑問を持ち始めてしまいます(経験談)

 

 

 

「他にも楽をして働いている人がいる」

「同じ時間働いてるのにもっと稼いでいる人がいる」

そんなことを考え始めた僕は、

美容学校に進んだことださえも後悔するほどに

美容師を退職したくなっていました。

 

 

 

美容学生は美容室に就職してはいけません。

美容学生が美容室に就職してはいけない理由②

それでは続いて2つ目の理由をご紹介します。

 

 

 

NG理由②

美容学校で教わることはほぼ全て国家試験に合格するためだけのもの。
美容師になってからの知識や技術はほぼ素人

 

 

今現在、美容学生の方がこれを読んでいる場合考えてみて下さい。

シャンプーの時間やウィッグを好きなようにカットする授業もあると思います。

しかし、ワインディングやオールウェーブをやる時間の方が

圧倒的に多くはないでしょうか?

 

 

僕が通っていた専門学校は

1年生の時はどれも同じくらいの時間割でしたが

2年生に上がると一気に[国家試験モード]に入るので

授業や時間割もほぼ全て国家試験対策に変わります。

 

 

あなたの専門学校の時間割はどうでしょうか?

おそらくワインディングやオールウェーブ、筆記試験勉強の

時間割がとても多くなっているはずです。

 

 

それらの時間割からも分かるとおり

美容専門学校とは美容師になるための勉強をする場所ではなく、

【美容国家試験の合格率を上げるためだけの教育機関】なのです。

「美容専門学生 素材」の画像検索結果

 

 

よくオープンキャンパスでも

「うちの学校は国家試験合格率が90%以上あります!」などの

宣伝キャッチコピーを言っていますが

要は専門学校側の商売なのでたくさんの生徒に募集をかけて

教材を売らなければならないので、

 

 

 

いざ入学すると国家試験合格率をUPさせるための

駒扱いになってしまいます。

もちろん親身に生徒のために色々な相談に乗ってくれる先生もいますが

多くの先生は自分の経営する美容室がありながら

副業で専門学校の講師として働いています。

 

 

 

つまり勉強や生徒に対して、片手間な先生が多いです。

1コマごとに給与が入ると思いますので

授業中に寝ていても騒いでいても

そのクラスは片手間な先生からすればどうでもいいのです。

 

 

そしていざ国家試験に合格すれば

一緒に喜んでくれるでしょう。

しかし後のことは何もサポートできません。

 

 

あなたが美容室に入ってからの知識などは教わっていないので

本当に知識も技術も何もかも素人と遜色ないのです。

美容専学校=国家試験に合格させたいだけの場所

ということを頭に入れておくことが大切です。

 

 

美容専門学校に入ることが悪ではありませんが

そこから就職したとしてもメンタルもスペックもほぼ素人なので

すぐに辞めてしまう方が多いので美容師の離職率はダントツで多いです。

美容学生が美容室に就職してはいけない理由③

そして最後の理由を紹介いたします。

 

 

NG理由③

美容学生時代から寮生活や独り暮らしをしている人は
美容室に就職しても低賃金で家には寝に帰るだけ

 

 

 

僕の通っていた東京の美容専門学校でも

上京してひとり暮らしや寮生活をしていた人が大半でした。

全体の7割はおそらく地方から上京していました。

 

 

実家から通っていた僕は本当に地方組のことを尊敬していました。

何も知らない土地で誰も知らない人たちと美容を学ぶのって

とても勇気のいることだと思いましたし

高校を卒業していきなり生活が激変するので

本当にキツかったと思います。

 

 

アルバイトで稼いだお金で家賃などやりくりしている生徒もいたりして

実家から通っていた自分からすれば絶対にできないことでした。

 

 

しかしそんな人にこそ美容室には就職して欲しくないのです…

就職したとしてもそのままひとり暮らしをする人が多いです。

美容学生時時代よりも忙しい美容師になって

低賃金の長時間労働の毎日を繰り返して

家に帰っても自分の時間は数分しかありません。

Woman in Black and White Striped Shirt While Looking Out at the Window

 

 

シャワーを浴びてご飯を食べたら睡魔が強すぎて

すぐに寝てしまうからです。

これは僕もめちゃくちゃ体験しました。

 

 

営業終わりに家に帰るまでは色々楽しみを想像しますが

いざ帰宅するとYoutubeもみれず、録画した番組を見れずに

気がついたら朝になってまた出勤です。

 

 

奨学金で入学した生徒もひとり暮らしをしながらの生活では

本当にカツカツの状態がいつまでも続きます。

休みの日にディズニーに行くことすら躊躇してしまうくらい

金銭面で苦しくなってしまうので

ひとり暮らしをそのまま続ける人は尚更、低賃金の美容師は向いていません。

 

 

地方組が美容室を辞めて

実家に帰って地元で就職する話を何度も何度も耳にしました。

結局はみんな美容師になるものの半年後には7割以上が帰省しています。

 

 

さてあなたはどうしますか?

美容学生になったならば国家試験は絶対合格しよう!

いかがだったでしょうか?

美容学生が美容師になってはいけない理由を3つ紹介しました。

 

 

他にもいくつか思いつきましたが

特に強い理由だったのがこの3つだったので

こうしてまとめてみました。

改めてご紹介いたします!

 

 

NG理由のまとめ

学生気分でのまま美容師として働くとマジで地獄

美容学校で教わることはほぼ全て国家試験に合格するためだけのもの。
 美容師になってからの知識や技術はほぼ素人

美容学生時代から寮生活や独り暮らしをしている人は
 美容室に就職しても低賃金で家には寝に帰るだけ

 

 

とはいえ、もう美容専門学校への進路が決まっている人、

美容専門学校で「美容師になってやるぞ!」と意気込んでいる人も

多いと思います!

 

 

僕は美容学生時代を経験して毎日がとても楽しかったです。

美容師になることを夢見ていましたが

専門学校に通って真面目に授業を受ければ叶えられるわけですから

本当に地道で着実な道のりだと思っていました。

 

 

しかし現実は甘くなく、実家から学校も就職先も通っていた僕ですら

毎日弱音を吐いて現実逃避することが当たり前になってしまいました。

「なんで美容師なんてなったんだろう…」

「高校生に戻りたい…」

 

 

精神的にもかなり落ち込んでしまうこともありましたが

それらはいざ美容師を経験しないと誰にも分かりません。

もしかしたら美容師が楽しくて仕方がない方もいるかもしれませんよね!

Woman Wearing Blue Shirt and Denim Jacket

 

 

せっかく自分で決めた進路の専門学校ですから

入学したからにはしっかりと美容国家試験に合格して

美容師を目指すなり、美容師をやってみてから他の仕事を探すなり

してみて下さい^^

 

 

今回はかなり内容が暗くなってしまいましたが

まずは自分で体験することが何よりも大切だと思いますので

美容国家試験の合格を目指していって下さい!

 

 

もしそこから美容師の他に何をすればいいのか迷った場合は

僕みたいに家でPC1台で月収17万円以上稼げる方法を

こっそりお教えいたします!

Woman in Grey Jacket Sits on Bed Uses Grey Laptop

 

 

僕も元美容学生ですし元美容師です。

相談に乗ることもできますし

これからあなた全力でサポートすることをお約束いたします^^

 

 

気になった方は下の無料メルマガ登録から

僕がこれまでに何をして地獄の美容師から天国の極楽生活

手に入れたのかを確認してみて下さい!

 PS.

 

僕の無料メルマガはリラックスしながら
アフィリエイトを学び

理想のライフスタイルを手に入れて頂くために
僕の経験を全て惜しみなく公開しています!

 

さらにメルマガ登録者限定で
月収10万円以上稼ぐノウハウや知識をまとめた

【Cafe : Affiliate】もプレゼント中なので
ぜひ確認してみてください☕︎

 

  元・美容師 Akiのプロフィール

年齢:24歳 (1996年生まれ)

出身地:東京都

身長:171㎝

趣味:ゲーム|漫画|ヘアカット✂︎

好きなもの:猫|カフェ巡り

 

高校生の頃から憧れの職業だった”美容師”になるも長時間労働、激安月給に悩まされ

わずか9ヶ月後に退職してネットビジネスを始めました!

 

「ネットビジネスなんて怪しいな〜…」と疑心暗鬼になりつつも

ブラック企業並の美容師は続けていけない!とも思っていたので

いざ思い切って挑戦!

.

.

.

すると信じられないことが起こりました!!

 

PCを取り組み始めてから半年後には

美容師以上の手取り月収17万円を達成できたんです^^

 

今でこそ安定した収益を稼げているのでぶっちゃけると

一生自分の体を使って働くことはとても不安です。

 

いつ事故に遭うかも分からないですし

突然、病気にかかるかもしれません。

美容師は特に体を壊しやすい職業なので尚更怖いです…

 

美容師を経験してネットビジネスで稼げた僕が皆さんにお伝えしたいのは

”これからは個人で稼ぐ時代”ということです!

 

何故ならばこれからの時代は

会社も国も個人を守る保証ができなくなるからです。

 

事故や怪我、病気などで働けなくなっても

今まで通りの収入は得られませんし

会社勤めだけでは将来も不安になると思います。

 

それに比べてネットビジネス職場は自宅で

しかもPC一台で完結します(^^)

 

若いうちに好きなだけ遊ぶ時間も自由に使えるようになります!

 

 

 

平日のガラガラなディズニーリゾートを満喫したり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人たちと休みを合わせて旅行に行けたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土日は予約でいっぱいのバンジージャンプ

平日に楽しめます!

 

 

 

 

僕は今現在も辛くて厳しい美容師を続けている人たちを

本気で助けたい!と思っています。マジです(笑)

 

僕が配布•配布しているオリジナルのアフィリエイトコンテンツ

【Cafe:Affiliate】初心者向けで完全無料です!

 

これを読めば月収10万円以上の目標やそれ以上の収益を稼げますので

ぜひ1度確認してみてください!

 

【リラックスしながら学べるネットビジネス専門の珈琲店】
元・美容師のAkiが月収17万円以上生み出したノウハウやスキルを
存分にお伝えしていきますので
下の画像をクリック!

あなたのご来店をお待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です