うざい美容師への対応方法!客がムカつく瞬間5選がヤバイ!?

Aki
皆さんこんにちは。元美容師のAkiです(^^)/

 

今回は元美容師であるAkiが

実際に経験したきたお客さん側としての

うざい美容師への対応方法

客が美容師にムカつく瞬間のあるある5つを紹介しますので

ぜひ最後までご覧ください!

 

ねこ丸
なんであんなに美容師って自慢げでデリカシーにゃいのか?
Aki
いや!まぁ人にもよると思うけどね(笑)

うざい美容師への対応方法を解説!

まず皆さんは美容院に行ったらどんな気持ちですか?

ワクワクドキドキ?

ハラハラ緊張?

 

元美容師の僕が言うのもなんですが

僕は美容院に行くのは嫌いです(笑)

働くのも、お客として行くのも苦手なんです…

 

なので実際に働いていたときに感じた美容師のウザい接客と

客側としても感じていた美容師のウザさをピックアップしていきます!

 

まず思うのは

【美容師と言うだけでなんか偉そう】

ということ

これは主に経歴年数の多い男性美容師に多いのではないでしょうか?

サロンに属さない"フリーランス美容師"、その働き方のメリットって ...

 

それなりに店内でも地位が確立してきて

収入も指名客も多くなってきた30~40代の美容師に多く見受けられる

自信満々のイケイケ美容師はウザがられやすいです。

 

そういった方への対応方法としては主に2パターンあります。

まず心臓の強い方への対応方法を紹介します。

 

心臓の強い方はこんな美容師に当たってしまった場合、

 

「完全無視」

 

これに限ります。

おそらくテーブルに雑誌が置かれると思うので

そういった雑誌をひたすら熟読するか

スマホをひたすらいじりましょう。

 

こういうベテラン自信家美容師に対しては

「私はあなたじゃなくても良いです。
早く髪を切ってください」アピール

がとても大切です。

 

がしかしこの方法はかなり心臓に負担がかかるので

できる人は少ないですよね…

 

心臓の弱い方が対応するとなると

「質問責め」が有効です。

 

美容師は一通りお客様に対しての情報を引き出そうと

色々質問を投げかけてくると思います。

「今日はお出かけですか〜?」

「お仕事は何をされているんですか〜?」などなど

 

他愛もない世間話をするのが苦痛な人もいると思います。

なので自分の髪についての質問などをすると

色々話してくれます。

 

「家でのケアってどうすれば良いですか〜?」とか

「1日にどれくらいのお客さんくるんですか〜?」とか

自分に対して質問されるよりも

質問した方が逆に楽です。

 

逆に店で販売しているシャンプーなどを売り付けようとする

美容師もいますのでそういった人には聞き流すように対応しましょう。

 

他にもう一つ美容院でウザい美容師に当たらない方法

解説いたします。

 

これは新しい美容室に行ったときに使える方法です。

毎回、新しいお店に行く時は”カルテ”を書かされると思います。

 

カルテには自分の名前や住所、

髪の悩みなどについて書かれていると思いますが

その欄にこのように書いてみてください。

 

<静かに雑誌を読みたいです>

<会話が苦手です>

 

このように書いておけば予め美容師はそれを読みますので

必要最低限の会話しかしないと思います。

 

それでもガツガツ話しかける人はいますが

そういった美容師は自分の売り上げしか考えていませんので

その時だけの関係だと割り切って考えてみましょう。

 

まとめるとウザい美容師は基本的にパターン化されています。

ウザ美容師の特徴

❶自分語り型

❷会話下手型

❸無口型

 

会話を求めすぎてウザい美容師、

頑張って会話を続けようとするけど
会話があまりにもつまらない美容師や

他の客と並行して施術する忙しい無口美容師など

スキップコーチング
SPGアメックスをお得に申し込むのはどこ経由が1番おすすめ?!【2020最新】
https://skip-coaching.com/289-2/
こちらの記事では今すぐspgアメックスをお得に申し込みたい方向けに具体的な申し込み方法についてお伝えしています。   マイルを貯めたい!ホテル代を抑えたい人におすすめSPGアメックスについて紹介!近年キャッシュレスが当たり前にな...
理美容師の請求書の書き方|業種・職種別請求書の書き方

本当に様々な美容師がたくさんいます。

 

これらの項目は基本的になぜか男性に多い気がしますね!

女性の美容師さんでそれほどウザいと思ったことがないので

もしあなたが参考にするならば

女性の髪の毛をスタイリングする女性美容師[10626002591]の写真素材 ...

男性ではなく女性の美容師さん
お願いしてみると良いかもしれません(^^)/

ムカつく美容師あるある5選!

そして次にムカつく美容師のあるあるを5つ紹介したいと思います!

 

客の立場ならば「あるあるだ〜!」と共感して

美容師の立場ならばそうならないように

気をつけていきましょう。

 

ムカつく美容師5選

❶いきなりタメ口で馴れ馴れしい

❷プライバシー侵害の質問責め

❸ドライヤー中でうるさくても喋る

❹とにかく自分の話多め

❺質問する割には適当な相槌

 

男子必見!!男性プロ美容師のデモスト実施!!|ニュース&トピックス ...

❶いきなりタメ口で馴れ馴れしい

これはかなりあるあるではないでしょうか?

席に案内されてからの

「んじゃ、今日はどうしよっか?」

 

「は?」ってなりますよね(笑)

「初めまして!○○と申します!
 本日はどんな感じにしましょうか?」

これを言うだけでかなり印象も違うのに

まるで俺はサロン内では偉いからタメ口でいいよね?

みたいな勝手な価値観を押し付けてくる美容師は多いです。

 

中でも悪質なのは客が明らかに年下だからといって

タメ口を使うのもムカつきます。

 

たとえあなたが人生の先輩かもしれませんが

初対面の相手には礼儀として年齢性別関係なく

敬語は使うべきですよね。

 

あぁ思い出したら過去の美容師にムカついてきた!!(笑)

 

❷プライバシー侵害の質問責め

続いてガツガツプライベートも質問してくる

礼儀知らずな美容師です。

 

「え、休み何してんの〜?」

(映画とかですかねー)

「え、じゃあ彼氏いないの〜?」

(今はいないですー)

「え、じゃあ今度の休みどっか行っちゃう?」

【お前なんかと行かねーよ!笑】

 

これは知人が都内の美容室で実際に交わした会話の一部です(笑)

こんなに礼儀知らずで人のプライバシーに

ズカズカ土足で踏み込んでくる輩がいたそうです。

 

その場面は笑いで終わりましたが

知人曰く「あんなとこ2度と行かない!」

かなり不機嫌になっちゃいました…

 

ドラマか映画の見過ぎなのか

とんでもない自信過剰な美容師に当たると

本当に最悪な時間ですね。

 

質問はいいですが

答えやすい質問じゃないと

お客さん側としても少し引いてしまいますよね。

 

❸ドライヤー中でうるさくても喋る

はい、これは多くの方が経験しているのではないでしょうか?(笑)

実際僕自身もやってしまったので

申し訳ないのですが意外に聞こえてるのかな?と

思っちゃうんですよね。

 

会話が盛り上がってると

ドライヤーを挟んで会話が中断されると困る。というのもあって

なんだかんだ話しているケースが多いです。

 

仲の良い美容師さんだったら

気にならないかもしれませんが

初対面や仲の良くない美容師さんであれば

ドライヤーで聞こえ辛いのに話をされても

聞こえてるフリをするしかありませんね(笑)

 

その場は雰囲気で乗り越えましょう…

 

❹とにかく自分の話多め

これも先ほど話した内容と似ていますが

とにかく自分の話をよくする美容師が多いです。

 

かなりムカつきますよね…

美容院って女性ならば自分の話を聞いて欲しい場所でもありますので

その場所で美容師側の話を聞いても面白くありません。

 

もし自覚無しに自分の話をしてしまう美容師は要注意です。

おそらくあなたに指名がつかないのはそのせいです。

 

美容師ならばお客様を楽しませましょう!

 

❺質問する割には適当な相槌

そして最後には意外に一番ムカつくかもしれない適当な相槌です。

 

普通に会話もするし普通に質問もしてくれるのに

相槌で全てが台無しになる美容師もいます。

 

「あの映画って見ました!?」

(見ました見ました!めっちゃ面白かったんでオススメですよ!)

「ヘェ〜」

 

「スカイツリーとか登ったことあります?」

(まだ無いんですよ〜いつか登りたいんですけどね〜)

「あぁ」

 

これはダメな会話ですね(笑)

されたら普通にムカつきます。

質問するならば会話を盛り上げていくか

興味のあるような接客をしないと

絶対にお客様に見抜かれてしまいます。

 

せっかく高い料金を払っているなら

施術と空間にだけでなく

楽しい時間を過ごせてよかった!

思える接客をされたいですよね!

 

結局、美容師はこうした方がいい!

いかがだったでしょうか?

散々、ウザい美容師やムカつく美容師を紹介しましたが

結論としましては

 

楽しくワイワイお喋りできる美容師さんが素敵

 

ということですね!

 

お客様も髪を切って、カラーで仕上げて

パーマを巻いてなどなど

仕上がりの姿を楽しみにして

来店してくださいます。

 

それらの期待以上に答えられるような美容師さんが

増えることを祈っています!

 

ちなみに元美容師がガチで遭遇したヤバすぎる客の記事も

まとめてありますのでぜひ自分はどうなのかチェックしてください!

美容師がうざい客への接客対応を暴露!無言や嫌いな客への対応もヤバイ!

2019年10月28日

 

そして僕はもうブラック企業並みに働かされる美容師には

絶対戻りません!(笑)

 

今はホワイト以上にクリアな

自宅でPC1台でお金を稼ぎ続けられるアフィリエイト

過ごしているのでウザい客にも

ウザい美容にも関わることなく生活しています!

 

もし興味のある方は僕の配信している

メルマガで壮絶だった美容師人生から

大逆転できた副業生活を紹介していますので

ぜひご覧ください!

 PS.

 

僕の無料メルマガはリラックスしながら
アフィリエイトを学び

理想のライフスタイルを手に入れて頂くために
僕の経験を全て惜しみなく公開しています!

 

さらにメルマガ登録者限定で
月収10万円以上稼ぐノウハウや知識をまとめた

【Cafe : Affiliate】もプレゼント中なので
ぜひ確認してみてください☕︎

 

  元・美容師 Akiのプロフィール

年齢:24歳 (1996年生まれ)

出身地:東京都

身長:171㎝

趣味:ゲーム|漫画|ヘアカット✂︎

好きなもの:猫|カフェ巡り

 

高校生の頃から憧れの職業だった”美容師”になるも長時間労働、激安月給に悩まされ

わずか9ヶ月後に退職してネットビジネスを始めました!

 

「ネットビジネスなんて怪しいな〜…」と疑心暗鬼になりつつも

ブラック企業並の美容師は続けていけない!とも思っていたので

いざ思い切って挑戦!

.

.

.

すると信じられないことが起こりました!!

 

PCを取り組み始めてから半年後には

美容師以上の手取り月収17万円を達成できたんです^^

 

今でこそ安定した収益を稼げているのでぶっちゃけると

一生自分の体を使って働くことはとても不安です。

 

いつ事故に遭うかも分からないですし

突然、病気にかかるかもしれません。

美容師は特に体を壊しやすい職業なので尚更怖いです…

 

美容師を経験してネットビジネスで稼げた僕が皆さんにお伝えしたいのは

”これからは個人で稼ぐ時代”ということです!

 

何故ならばこれからの時代は

会社も国も個人を守る保証ができなくなるからです。

 

事故や怪我、病気などで働けなくなっても

今まで通りの収入は得られませんし

会社勤めだけでは将来も不安になると思います。

 

それに比べてネットビジネス職場は自宅で

しかもPC一台で完結します(^^)

 

若いうちに好きなだけ遊ぶ時間も自由に使えるようになります!

 

 

 

平日のガラガラなディズニーリゾートを満喫したり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人たちと休みを合わせて旅行に行けたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土日は予約でいっぱいのバンジージャンプ

平日に楽しめます!

 

 

 

 

僕は今現在も辛くて厳しい美容師を続けている人たちを

本気で助けたい!と思っています。マジです(笑)

 

僕が配布•配布しているオリジナルのアフィリエイトコンテンツ

【Cafe:Affiliate】初心者向けで完全無料です!

 

これを読めば月収10万円以上の目標やそれ以上の収益を稼げますので

ぜひ1度確認してみてください!

 

【リラックスしながら学べるネットビジネス専門の珈琲店】
元・美容師のAkiが月収17万円以上生み出したノウハウやスキルを
存分にお伝えしていきますので
下の画像をクリック!

あなたのご来店をお待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です